ラブラドールレトリバーの子犬販売はブリーダー直販T-HOUSE

ラブラドールレトリバーの子犬販売

ラブラドールレトリバーのブリーダー子犬情報

PADOG関東T-HOUSEでは、関東地方(東京、埼玉)のドッグトレーナーの繁殖するフィールド系を中心に、関東地方では神奈川、千葉、茨城、群馬、栃木、中部関西地域では大阪、岐阜、三重の犬舎のスタンダードで良質なラブラドールレトリバーをご紹介しています。

  • お気に入りの子犬のご見学は、子犬によって見学犬舎が異なります。
    まず子犬を決めてから、ご見学予約をお願いいたします。犬舎には対面説明のできる動物販売士が、ご案内いたします。
    スタンダードとは、JKCの基準を満たすことを言います。
    また、ドッグトレーナーの犬舎では、PD(警察犬)の血統書になる場合もあります。

ラブラドールレトリバー出産情報

2017年

  • 1/1:ラブラドールレトリバーの子犬が中国・岡山のブリーダー犬舎で生まれました。
    2016年
  • 11/21:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 11/21:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 10/16:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・大阪のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 8/8:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 7/10 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 5/18:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 4/29:ラブラドールレトリバーの子犬が中国・岡山のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 4/15:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 4/2 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 1/24:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・東京のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 1/5:ラブラドールレトリバーの子犬が中国・岡山のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 1/1 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
    2015年
  • 9/26 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 8/31 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 8/2 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 3/6:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 1/15 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 1/10:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
    2014年
  • 12/15:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 12 /7 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・茨城のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 11/12 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 11/11 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 11/7:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 9/28:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 9/26:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 9/5 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 9/4 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 8/21 :ラブラドールレトリバーの子犬が中国・岡山のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 8/6:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 7/20 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 7/18 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 6/18 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 6 /7 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・茨城のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 6 /6 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 5 /30 :ラブラドールレトリバーの子犬が関東・茨城のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 5 /18 :ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 5/11:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 4/29:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 4/12:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 3/13:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・茨城のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 2/14:ラブラドールレトリバーの子犬が関西・滋賀のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 2/12:ラブラドールレトリバーの子犬が中国・岡山のブリーダー犬舎で生まれました。
    2013年
  • 12/8:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 12/7:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・栃木のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 12/4:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・埼玉のブリーダー犬舎で生まれました。
  • 12/1:ラブラドールレトリバーの子犬が関東・群馬のブリーダー犬舎で生まれました。

ラブラドールレトリバーのおすすめ子犬情報

  • お気に入りの子犬へのお問い合わせは、「詳細をクリック」して「お問い合わせはこちら」からお問い合わせ画面に移動して、お問い合わせ入力画面にて必要事項ご入力後、送信してください。
  • その他もしくは、お電話でのお問い合わせはこちら
    メールですと24時間受け付けています。御返事は、翌日になることがあります。
    メールが苦手の方は、お気軽にお電話ください。042-207-5555 ドッグリアン東京がお受けいたします。
    外出中は、携帯に転送になりますが、転送通話料は当方持ちですので、ご安心ください。移動中は、電話が出来る場所に移動して、折り返しこちらからお電話させて頂きますので、伝言をお願いします。

ラブラドールレトリバーの選び方

ラブラドールレトリバーは、賢く覚えることが大好きです。
警察犬、麻薬探知犬、救助犬、盲導犬、介護犬とさまざまなシーンで活躍しています。
遺伝的に足腰の弱い子がいますので、お選びの際は親犬や兄弟犬等よく確認してお選びください。
また、運動不足やトレーニング不足で、筋力が落ちたり欲求不満にならないように、日々犬とのコミュニケーションを図ってください。

特性3段階評価コメント
しつけやすさ賢い犬で、覚えることは好きです。
人懐っこさ基本的には、人懐っこい性格ですが、しつこくはありません。
人との相性人と接することが大好きです。
犬との相性他の犬とも友好的です。
番犬特性適しているほうですが、ちょっと人懐っこいので・・・。
無駄吠えむだには吠えません。
活発度かなり活発です。
運動量運動量は豊富で、1日2回のお散歩は必要で、運動量が不足すると筋力が落ちたり欲求不満になったりします。
お手入れのしやすさ 比較的楽です。週一のブラッシング程度で、むだ毛をとってあげてください。
抜け毛の量少ないほうです。
寒さに強い強いほうです。
暑さに強い弱くはありません。

ラブラドールレトリバーの犬種情報

  1. カナダのニューファンドランド諸島に起源を持つ、19世紀初頭の、レッサー・ニューファンドランドとセント・ジョンズ・ニューファンドランドが、原型とされています。
  2. サイズは、体高:54~57cm、体重:オス27~34㎏、メス25~32㎏です。
  3. 身体的特徴としては、まっすぐの短毛の被毛は、泳ぐのにも適し、しっかりした骨格と肉付きの良さは、力強く、水鳥等の狩猟犬として最適でした。
  4. 性格は、穏やかな性格で、従順で、使途犬(盲導犬や介護犬)としても有名です。
  5. 毛色は、黒が人気があり、他にイエローとチョコレートがあります。
  6. もとは狩猟犬なので、運動量は必要です。日々のお散歩は欠かせません。短毛なので、室内飼いをお薦めします。泳ぐのは得意です。被毛は、撥水性が良く水をはじきます。
  7. 気をつける点は、室内のフローリングは滑りやすいので、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼に注意。その他、胃捻転、外耳炎、関節炎、脳皮症です。
  8. 寿命は、9~12年です。

お問い合わせの前に、お願いとお約束

お気に入りの子犬が決まりましたら、お問い合わせの前に『犬を飼う方にお願いとお約束』をご覧下さい。

見学ご希望の方は

子犬は、「感染症の防止」と「健全な社会化」のため、新しい飼い主にお渡しするまで、親犬や兄弟犬と一緒に、生まれたブリーダーの犬舎でストレスのない環境で、過ごしています。
従って、見学場所はPADOGグループの犬舎担当スタッフが、犬舎までご案内し、ご説明させて頂きます。

  1. 犬舎は飼育施設のため、あらかじめお出で頂ける日をご連絡ください。
  2. 動物愛護管理法のの規定に基づき、[動物取扱主任者]が専門的な立場から、ご納得がいくまでご説明させていただきます。
  3. 子犬見学で、犬舎にお出てになる際は、最終確認でお願い致します。
  4. もし、イメージが違っていたりして、ご購入を見合わせる場合は、その場でお断りください。

この子に決めた

お気に入りの子が見つかりましたら、[購入希望]とお伝えください。
この時点で、子犬を仮確保いたします。
仮確保に期間は、3日間とさせていただきます。その期間内に犬舎にて仔犬をご確認いただいて、その場でご契約手続きをお願い致します。
尚、動物愛護管理法改正に伴い、2013年9月1日以降、子犬を見学しないで決めることが、出来なくなりました。
ご見学時は、PADOGグループの犬舎担当がご案内し、動物愛護管理法に基ずき、対面説明させて頂いております。

  1. ご入金確認後に、正式確報致します。

ご入金方法

ご決定から3日以内に、決済をお願いいたします。
ご入金確認後に、正式に子犬を確保いたします。

  • 銀行振込
  • PayPal利用の電子決済。(お持ちのクレジットカードをご利用ください。)
  • 子犬見学時にお連れになられる場合は、現金をご用意ください。

子犬のお渡し方法について

子犬のお渡し方法は、子犬にとって一番負担が掛からない方法を、移動距離や季節等を考慮して、決めさせていただきます。

  • 犬舎でのお渡し
    お近くの方は、犬舎までおいでください。
    お渡しの際に、犬舎担当の動物販売士もしくはブリーダーから、育て方等注意事項をご説明させていただきます。
  • 空輸の場合
    遠方犬舎の子犬や、空輸でお渡しする場合は、お近くの空港の貨物カウンターでお受け取り下さい。
    飛行機に乗っている時間は1時間から1時間半です。また、動物室は20から25℃に保たれているので、子犬たちはほとんど寝ています。
    空輸の際は、メールとお電話で、注意事項をご説明させていただきます。
  • ご自宅までのお届け
    関東地方のお客様は、お届けサービスをご利用頂きましたら、動物取扱責任者がご自宅までお車でお届けいたします。
    また、遠方の方もご相談ください。
    お届けサービス料金は、移動距離によって異なりますので、お問い合わせください。

お渡し時の注意事項

  • 子犬お渡し時に、帰ってからの食事の与え方をご説明します。また、飼育方法等不安な点があったら、ご確認ください。
  • 混合ワクチン証明書をお渡しいたします。(空輸の場合は、カゴに貼り付けてある場合がありますので、捨てないでください。)
  • お車で、お帰りの際車酔いに注意するために、なるべく車内では、助手席の方が、抱っこしてあげてください。

安心の保証

子犬をはじめて飼う方にも安心をお届けします。
この制度は、PADOGグループ独自の生体保証制度です。 T-HOUSEで子犬を購入された場合、全頭数に無償でお付けしています。

  • お引渡し直後の体調不良等の医療費を最大100%カバーする「医療費保証制度」
  • 生体であるが故に生じる「もしも」に対応する「生命保証制度」
  • 成長過程で発覚するリスクに対応する「先天性疾患保証制度」

お客様本位をモットーに、業界最高レベルの保証をご用意いたしました。良質な子犬をご紹介するPADOGグループだから出来る安心の保証制度です。

ペット保険(アイペット損害保険)

皆さんご存じのように、ペットには社会保険制度がありません。
すなわち、保険証が効かないので、動物病院での診察及び治療は、全額負担になります。
今後、ますますペットの高齢化が進み、以前では必要にならなかった治療も、人間と同じように必要になり、治療費も高齢になればなるほど高額になる可能性があります。


超小型・小型犬子犬情報*中型犬・大型犬子犬情報


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional